PROFILE
廣野 一誠

1983年3月30日生まれ。宮城県気仙沼市出身。2005年4月〜2010年8月、IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現・日本IBM株式会社)勤務。2010年9月〜2014年11月、FAナビ勤務。2014年12月、アサヤ株式会社勤務。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 今更ながら、仮説検証を思い知らされる。
    いっせい (09/27)
  • 今更ながら、仮説検証を思い知らされる。
    オヤマ (09/17)
  • Googleカレンダーの終日予定を折り返し表示するブックマークレット。
    いっせい (08/31)
  • Googleカレンダーの終日予定を折り返し表示するブックマークレット。
    monta (08/31)
  • 今の自分は尊敬に値するリーダーとして振る舞っているか?
    いっせい (08/08)
  • 今の自分は尊敬に値するリーダーとして振る舞っているか?
    tatenod (08/05)
  • 今の自分は尊敬に値するリーダーとして振る舞っているか?
    いっせい (06/15)
  • 今の自分は尊敬に値するリーダーとして振る舞っているか?
    boss (06/14)
  • 今の自分は尊敬に値するリーダーとして振る舞っているか?
    Keni (06/13)
  • 3月11日の津波後、初めて気仙沼の実家に戻って感じたこと。
    いっせい (05/16)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
POWERED BY
無料ブログ作成サービス JUGEM

Rings around the World

廣野一誠のブログです。2004年から2011年にかけて更新していました。現在は更新していませんが、アーカイブとしてそのまま残しています。

    / PAGES   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト
    / PAGES   
    / PAGES   
3月11日の津波後、初めて気仙沼の実家に戻って感じたこと。
池袋⇔気仙沼の夜行バスで、5/3出発、5/6帰京の強行軍でしたが、
2日間ほど、気仙沼まで行ってきました。

限られた場所しか見てないですが、簡単に見てきた情報を書いてみます。


■ 家族

地震以降、初めて家族の顔を見て、ほっと安堵したというのが第一印象。

うちの家族は、避難所ではなく隣の病院に避難させてもらっていたので、
食事はきちんと提供してもらっていたんですが、復旧で忙しく動いていたこともあり、
父・母・祖母ともに少し痩せてました(3人とも、3〜6kgくらい落ちたようです)。

元々、うちは少しふくよか目なので、適正体重に近づいた感もありますが、
それでも痩せた顔を見ると、この2ヶ月弱の苦労を感じてしまいます。


■ 自宅

うちは庭が少し高くなっていて、土台も高床式になってるんですが、
それでも、1階は自分の身長に達するくらいまで水が来たようです。

仙台に住んでいる親戚や、実家の会社で働いている方が手伝ってくれて、
大きな物は片付いたようでしたが、床や壁には乾いた泥が残ってました。

幸い、2階までは水が到達しなかったのと、ライフラインが復旧してきたので、
最低限の電気工事やプロパンガスへの切り替えをしてもらって、
現在は2階で父・母・祖母の3人が生活してます。


■ 八日町

車の走る道路については、ほとんどきれいに片付いていましたし、
建物についても、形を留めているものが多かったように思います。

ただ、建物の間には壊れた車や瓦礫が堆積していて、
まだまだ元通りになるには相当な時間がかかりそうです。


■ 魚市場前

元々の本社は、形は残していたものの、2階まで冠水したようです。
書類は全て濡れてしまい、サーバーも海水にやられ、現在復旧に出しているとのこと。

外の鉄柱に取り付けられていた会社の看板は、
会社のロゴと社名(アサヤ)で、4枚から成り立っていたんですが、
下の2枚は津波に流されてしまい、上の2枚だけが残っている状態です。

隣にあった会社の倉庫は、鉄筋がしっかり入った割りと強い作りだったんですが、
引き波の強さで崩れてしまったようで、隣の建物との間にあった通り道が塞がれ、
中にはいろいろなところから流れてきた瓦礫が詰まってしまってました。


■ 感想1(匂い)

報道ではなかなか伝えられない部分ですが、
海のヘドロが上がってきていて、匂いがなかなか取れないので、
街全体から海の匂いが漂っている感じでした。

津波前も、港町らしい匂いはありましたが、それとはまた別な感じで、
粉塵などを防ぐ意味も兼ねて、マスクをしている街の人が多かったです。


■ 感想2(引き戸・引出し)

うちの実家は木製の家具が多くて、備え付けの木の引き出しも結構あるんですが、
濡れてからしばらく時間が経つと、木が膨張してしまって開かなくなるようです。

布団や着物が入っていた引出し、毎年作っていた梅酒を入れていた戸棚など、
もはやビクともしない状態で、中身を取り出すには壊すしかないような感じでした。


■ 感想3(金庫)

金庫の鍵が流されてしまって、空けられなくなっている人が結構いるようです。
うちも会社をやっている関係上、いくつか金庫があるので、
新聞で見つけた鍵空けをやってくれる業者さんの電話番号を控えてました。

また、鍵は流されていなくとも、鍵穴に水が入ってしまって錆びることもあるようで、
津波の直後は開け閉めができていた金庫が、いつの間にか開かなくなってしまう、
という状況もありました(実際、うちの会社の大きな金庫はそんな状態)。


■ その他

せっかくOLYMPUSのPEN Liteを持っていったのに、
SDカードが刺さっていないという大失態をやらかしたため、
携帯のカメラでしか写真が取れなかったという・・・

しかも、Micro SDのアダプターを会社に忘れてきてしまったため、
写真がすぐにはアップできない状態という始末。

まあ、この辺は追々アップしていこうと思います。
| - | 12:29 | comments(2) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - 3月11日の津波後、初めて気仙沼の実家に戻って感じたこと。
スポンサーサイト
| - | 12:29 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト
お疲れ様でした。
地震があった時から、いっせいのご実家の事、すごく気になっていました。
無事で良かったね。会えて良かったね!
気仙沼、一日も早く復興する事を祈っています。
こんなことしか言えないけど、応援しています。
| ひかる | 2011/05/12 9:46 PM |
お返事遅くなってごめんね。本当、久々に会えて良かった〜、という感じです^^

周りの親戚にも相当助けてもらっているので、
今後もちょくちょく帰って、自分の役割を果たしたいと思ってるよ!
| いっせい | 2011/05/16 10:33 AM |









http://radiofreak.jugem.cc/trackback/1136
    / PAGES   
Blog Widget by LinkWithin